1978 アメリカーナの探求

1978 アメリカーナの探求

野上眞宏

出版社:Osiris

1974年に27歳で単身渡米した野上眞宏が、「これなら撮り進めていける」と確信する被写体と出遭ったのは、移住して4年目となる1978年のことだった。当時、野上はワシントンD.C.に近いヴァージニア州アーリントンのアパートに住まい、昼間はD.C.のFBI本部の隣のビルにあったサンドイッチ店で生活の糧を得ていた。毎週末、ホンダシビックを運転して自宅からそう遠くない場所に撮影に向かった。ヴァージニア州のアーリントンやリッチモンド、ワシントンD.C.の市街地、メリーランド州のシルヴァースプリングやバルチモア、国道一号線沿い一帯が《アメリカーナの探求》の撮影エリアとなった。住み始めた当初は退屈な街とさえ感じていたワシントンD.C.近郊のあちこちで、時が止まったような、独特の雰囲気が野上を待っていた。

野上が目をとめ、心惹かれたのは、特別な事象ではなく、凡庸さのなかにある魅力だ。時代から取り残されたような、人々とともに長い時間を経てきたことが見て取れるあたりまえの光景――低層の建物が続く小都市の街並みでひっそり営業している洋品店や理髪店や酒屋、路上の標識、アールデコ調建築の映画館、誰もが車で日常的に立ち寄るスーパーやガソリン・スタンドやダイナー、そして看板やパーキングメーター。どれもがノスタルジックでありながら新鮮だ。「《アメリカーナの探求》は、僕が見たアメリカらしさについての視覚的探求」と語る野上がこの地域で発見した魅力は、高校生のときに交換留学生として1カ月滞在したアメリカの他の主要都市とも、その後、1979年から2015年まで住むことになるニューヨークとも、さらには子供の頃から映画や音楽を通して親しんでいた憧れのアメリカとも違っていた。遠くない将来消えてしまいそうな光景は、それが滅び去る前にシャッターを押すことを写真家に促したのだった。

― 出版社説明文より

$53.22

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
252 × 279 mm
頁数
120頁、掲載作品83点
製本
ハードカバー
発行年
2022
言語
英語、日本語

野上眞宏による出版物