神息の音

最期の27枚

神息の音

原芳市

出版社:蒼穹舎

「神息(かみき)」は原の造語である。 2019年1月から5月に掛けてこの言葉の元で撮影し、そのフィルムから選ばれた27枚の写真。 残された時間を費やして完成をみて、原は2019年12月16日、永眠の床についた。本作は文字通りの遺作であり、原芳市が最後に見つめた神のいる光景がある。

「悪くない人生だったよ。自分にそう言い聞かせることで、終焉時の安定を保つしかなかった」― 原芳市(本書あとがきから)

― 出版社説明文より

キーワード:
判型
369 × 305 mm
頁数
68頁、掲載作品27点
製本
ハードカバー
発行年
2019
言語
英語、日本語
エディション
500

原芳市による出版物

関連書籍