常世の虫

常世の虫

原芳市

出版社:蒼穹舎

改訂版

『現の闇』『光あるうちに』に続く、原芳市が紡ぐもうひとつの闇と光の世界。

「人は、死んで虫に化身するという伝説を聞きます。本当なのかもしれません。『常世の虫』を得たことで、ぼくは、とても、自由な気分を味わっているのです」
― 原芳市

*写真ページに変更は無く、文字ページのみ修正と追加(年譜)が行われている。

$27.69

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
216 × 263 mm
頁数
84頁、掲載作品75点
製本
ハードカバー
発行年
2023
言語
英語、日本語
エディション
400

よく一緒に購入されている商品

点子

花代、沢渡朔

$40.15

SignedRestock/Best of Moving Away

石内都

$24.23

最近見た商品

原芳市による出版物