傷、見た目

Signed

傷、見た目

岸幸太

出版社:写真公園林

釜ヶ崎、山谷、寿町に向けられた視線を撃つ

ドヤ街と呼ばれる場所で撮影された写真は、
自らが属する社会の傷としてここに差し出されている。
写真家 岸幸太による第一写真集。

高橋しげみ(キュレーター)、倉石信乃(詩人・批評家)による論考を収録。

誰にも告げずに、持ち物はなく、告げる言葉も持たずに、しかもさしたる覚悟もなく、孤立と移動を生きて死ぬこと。それは単に不幸というべきなのか。最後に遺された自由と呼ばれてしかるべきもの、その幾ばくが映し出されていることが、岸幸太の写真の「魅力」ではないのか。

― 倉石信乃(本書論考より)

判型
307 × 215 mm
頁数
232頁
製本
ハードカバー
発行年
2021
言語
英語、日本語
ISBN
978-4-908435-14-0