おわり。

おわり。

田附勝

2014年4月、彼は「おわり。」
とつぶやいて、鉄砲を置いた。
東北の地で半世紀以上に渡って続いた鹿猟、その終焉の記録。

― 出版社説明文より

2011年、彼は11月に一度だけ鹿猟をした。それ以来、鹿を狩りに山に入ることはやめた。
僕は猟期が来るたびに尋ねた。
「鹿猟しないの、今年も。」
彼は言った。
「もう嫌になった。鹿を殺すの。今までいっぱい殺してきた。もういい。それに食べられないなら、殺さない。殺したくない。」
鉄砲店からもらったという、何度も折り畳んだ跡のある一枚の書類を見せてくれた。そこには鹿肉から放射性物質が検出されたことが書かれていた。

― あとがきより抜粋

$12.73

税込

在庫無し

欲しい物リストに追加
判型
300 x 300 mm
頁数
24頁
製本
ソフトカバー
発行年
2014
言語
英語、日本語
エディション
500

よく一緒に購入されている商品

北井一夫

$38.89

最近見た商品

田附勝による出版物

東北

田附勝

売り切れ