惑星

惑星

山内悠

出版社:青幻舎

2014年にはじめてモンゴルを訪れた山内は、現地の人に「モンゴルに原始的な人々暮らしがある」と教えられたことをきっかけに、足かけ5年に渡る旅が始まりました。
山間部でトナカイとともに暮らす幻の民族、荒野で鷹で狩りをする人たち、
砂漠でラクダと生活する人々や、果てしなく続く草原で羊やヤギとともに暮らす遊牧民――。
自然の中で動物たちとともに暮らす人々の光景に山内は「楽園」を見たといいます。

轍ひとつない荒野を行くこともあれば、人が介在していない、圧倒的な自然がそこかしこに現れる。
ランドクルーザーで何万キロも移動し、「いつ」「どこ」という感覚が薄れる中、いつしか旅の対象は「モンゴル」ではなく地球という「惑星」そのものになっていきました。

そして、旅のはじまりと終わりはいつもウランバートルという都会。
社会主義時代の名残りが色濃く残る、不思議な街。

旅を終えた時、写真を振り返ると、思わぬ光景が写し込まれていました。
地球の創世を思わせる鉱物の世界、現代の文明を享受する都市、既視感のある近未来的な砂漠の風景……。これらのまるで異なる世界が、原始的な人々の「楽園」的な暮らしと隣り合わせに存在していることに、気づいたのです。
あたかも人類の歩みを俯瞰するようでありながら、実際には、同時に、ひとつの国に存在する世界。宇宙に広がる惑星から、ひとりひとりの足元に至るまで、無数の世界が並行して存在し、相対的な異なる「いま」を生きていることに、山内は考え至りました。

常に自然と人間との関係性を見つめ、視点の転換を通して私たちの世界の在り方を探求する山内悠。宇宙と地球のあいだを行き来した『夜明け』の作品から、今作ではモンゴルのドキュメンタリーを超えて、並行して在る空間と時間への旅を提示しています。
私たちが今ここにあるということ。その全てが「いま」という瞬間における無数の選択の集約であること。

新型コロナウィルスの感染拡大もあり、人類が転換期にある最中、私たちはこれからの「いま」をどう選択し、どうあるべきなのか。大きな示唆と力強いメッセージが込められています。

― 出版社説明文より

判型
210 × 297 mm
頁数
144頁
製本
ハードカバー
発行年
2020
言語
英語、日本語
ISBN
978-4-86152-805-7

関連書籍

Pre-ordering Osaka Diary

ピーター・ビアロブルゼスキ

$42.96

Pre-ordering Kochi Diary

ピーター・ビアロブルゼスキ

$42.96

Signed Fernweh

テジュ・コール

$73.38

5大陸

瀧本幹也、樋口兼一、杉田知洋江、片村 文人 、佐藤新也

$157.25

Signed Doors

山谷佑介

$104.83

歩く旅

シュテファン・シュパイデル

$50.32

JP-34

松江泰治

$37.74

Signed 留鳥

伊藤昭一

$34.59