Self-Portrait

Self-Portrait

AHN Jun

出版社:赤々舎

韓国 ソウルを拠点に世界的に活動するAhn Jun (アン・ジュン)の初の写真集。
2008年から2013年にかけて、ソウル、NY、香港都心などで撮影したセルフポートレートのシリーズ。
高層ビルの屋上や先端にあって下を見下ろすその姿は、圧倒的な緊張感と浮遊感に満ちている。
屋上にいることは変えられない=「過去」と、遠くに感じられる都市の風景=「未来」の狭間にある「虚空」
を視覚化し、一瞬の割れ目=「現在」を写しとる。

それは時間を空間に置き換え、写真を通してのみ可能なパフォーマンスであり、コンテクストから孤立する。
高所から水平に都市を望む視点と、その足もとの虚空を見る視点ーー
視覚的認識と空間的認識、生と死、理想と現実が衝突し、その端の上にある存在を提示する。

過去は背後に。
未来は遥かに。
現在(いま)とは虚空。一瞬の割れ目。

「現在とは、未来と過去の間の、とても短い一瞬のことです。
つまり私たちは皆、何らかの端の上に生きているのです。
生と死の間、そして理想と現実の間に。」アン・ジュン

判型
364 × 233 mm
頁数
88頁
製本
ハードカバー
発行年
2018
言語
英語、日本語、韓国語
出版社
赤々舎 (2018/11/15)
言語
日本語
発売日
2018/11/15
ISBN
978-4-86541-087-7 C0072

AHN Junによる出版物