Sight

Sight

朝海陽子

出版社:赤々舎

新品

「見ること」と「見られること」の接点から生まれる新しいポートレートたち
朝海陽子初の写真集

2006年、朝海は映画を観ている人々を撮影したシリーズ作品「sight」シリーズをスタートし、「第9回フォト・プレミオ 特別賞」「さがみはら写真新人奨励賞」を立て続けに受賞。また東京都写真美術館で開催された「日本の新進作家 Vol.7 オン・ユア・ボディ」展をはじめとする様々なグループ展への参加により一躍注目を集める存在となった。

「sight」は、被写体となる人物が自ら映画を選び、自宅でリラックスしながら映画を見始め、映画に没頭して無防備な状態になったころ、朝海がそっとシャッターを切ったシリーズ。写し出された被写体の服装や表情、部屋のインテリア、タイトルとなっている映画題名と都市名などの情報からは、被写体の人物像や日常を想像することができる。

朝海は全6ヶ国9都市で撮影したこの「sight」で、「被写体が映画を見ている」という極めて日常的行為の中、「見ること」と「見られること」が同時に進んでゆくさまを鮮明に写し出した。1本の映画という時間の中から切り取られた一瞬の光景には、映画の上映時間だけでなく、見ている人の日常の時間やその人の人生という長い時間も同時に織り込まれている。

タグ: