松韻を聴く

Signed

松韻を聴く

川廷昌弘

出版社:蒼穹舎

津波前の風景を想像できない場所に、圧倒的な存在感で立つ枯れた松や生き残った松。東北の太平洋沿岸を2013年から2019年にかけて巡った松のある風景。

松韻を聴きながら遊んだ体験によって、音を伴った松の風景が心に刻まれている。(中略)僕が常に恩恵を受けてきたのは松のある風景なのだ。
― 川廷昌弘(あとがきより一部抜粋)

判型
243 × 260 mm
頁数
74頁、掲載作品59点
製本
ハードカバー
発行年
2021
言語
英語、日本語
エディション
300

川廷昌弘による出版物