東京は、秋

New Arrival

東京は、秋

荒木経惟荒木陽子

出版社:月曜社

新刊

東京との〈情交〉を私写した名作がワイド+ダブルトーンになって20余年ぶりに復刊!
妻・荒木陽子との対話がアラーキー写真のド真ん中を生き生きと語る。
「1972年の季節はいつだったか忘れたが、電通をやめた。コマーシャルはやらないことにしたので、とーぜん仕事なんざあるはずがない。/初めから写真をやりなおそー、とゆーことで、50ミリレンズ付きのペンタックス6×7を三脚につけて、それをかついで街を歩き出した。/それは1972年の秋のことだった」。

*本書は、1984年に三省堂、1992年に筑摩書房から刊行された同書名の作品に、判型とレイアウトを変更し、エッセイ「「東京は、秋」の頃」(初出「アサヒカメラ」1983年7月増刊号)と英語訳(抄訳)を加えたものです。

― 出版社説明文より