Belongings 遺されたもの

Belongings 遺されたもの

石内都

出版社:Case Publishing

新品

石内都が自身の母の遺品を撮影した「mother’s」は、母を失った喪失感。
そして、母ともう一度向き合う過程から生まれた。
その後、「mother’s」は「ひろしま」、「フリーダ・カーロ」と続く、作家の代表作 を生み出すこととなる。「mother’s」に加え、「母が導いてくれた」と作家が語る2作品を「遺品」をテーマ にまとめた初の作品集。
ひとりの女が「母」としてだけでいるのは苦しい。
ひとりの女が「ひろしま」の被害者としてだけで語られるのは悔しい。
ひとりの女が「フリーダ・カーロ」でいるのは耐えがたい。
石内都の写真は、「母」や「ひろしま」や「フリーダ・カーロ」といったレッテルから彼女たちを解き放ち、ひとりの女として立ち返らせる。

―「石内都 の『遺品』」笠原美智子

キワード:
判型
288 x 232 mm
頁数
160頁、掲載作品120点
製本
ハードカバー
発行日
2015
制作
FAPA (日本芸術写真協会)
エディション
2000

石内都による出版物

Signed Scars

石内都

$40.86