写真(Sha Shin)Vol. 2:モザイク

雑誌『写真』第2号では、個々に問題意識を持ちながら写真を通して目の前の現実に向き合っている写真家たちの作品に着目します。

さまざまな分野で生き方の多様性が問われる現代、一つの問題を特定の言葉で括ってしまうことは、さらなる分断を生んでしまう危険性を孕んでいると感じます。

断片である写真や言葉が、それぞれの背景を持ち、それぞれの個性を放ちながら寄り集まることで、彩り豊かなモザイク画のように社会世相の大きな地図が描けるのではないかという思いから、今号のテーマを「モザイク」としました。

「mosaic」とは、多数の異なる色の石やガラスなどの小片を組み合わせた装飾美術の技法であり、ギリシャ神話の女神に捧げられた洞窟にこの装飾が施されていたことから、ラテン語の「ムーサ(ミューズ)」が語源とされています。また、日本国内における「モザイク」は、プライバシーや個人情報保護のため、またアダルトビデオでの画像加工技術など、隠すことやぼかすことの意味合いでも広く普及しています。

一枚の写真は粒子やピクセルの集合体であると同時に、世界の切り取られた断片でもあります。
一枚のピースに近づきすぎると見えなくなることが、引いて見ることで隣り合う断片が連なり、共鳴しあって別の世界観を作り出すことができます。

ダイバーシティが求められる現代社会を生きる上で、写真家たちが世界に寄り添うようにしてとらえた眼差しのモザイクが、写真を撮る側と見る側にとって、新たな視点のきっかけとなることを願います。

― 『写真』編集長 村上仁一

$20.53

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
206 × 145 mm
頁数
312頁
製本
ソフトカバー
発行年
2022
言語
英語、日本語
ISBN
978-4-908955-17-4