Chronua

2020年TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARDで準グランプリを受賞した若手写真家、伊藤颯の写真集『CHRONUA』を7月1日より販売開始いたします。

2020年のアワードでは、暗号で書かれた自叙伝をテーマとした『Iat e hay/干し草を食べた』で準グランプリを受賞。
「作品は自己と世界を謎解くツールである」とする一方で提示されていくのは、その言葉通りの世界を単純化するためのひとつの「解」ではありません。自身が「暗号」や「ブラックボックス」と言及するそれは、さらに複雑で階層化された世界を示唆し、観るものは奇怪な現実へと同期していきます。

― 出版社説明文より

$28.84

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
318 × 236 mm
頁数
84頁
製本
ソフトカバー
発行年
2022