ハットリくんへ

ハットリくんへ

森康志

出版社:リブロアルテ

世界中の猫好きを魅了した『ハットリくん』出版から5年が経ち、2冊目の『ハットリくんへ』を出版いたします。写真家・森康志にも2人の子供たちが生まれて家族が増え、家族の日々の暮らしを撮影してきました。中心にはいつも猫のハットリくんが居ました。今回の写真集はハットリくんと子供たちの愛の物語です。

わたしと猫のハットリくんが出会って10年が経った。
見た目にはそれほど変わりはないが、戯れてもすぐに疲れて寝てしまう姿には、ハットリくんの老いを感じてしまう。
ハットリくんの生まれ故郷である福島県双葉町は、今もなお原発事故の影響で立ち入ることはできない。
じっと窓の向こうを見つめる後ろ姿に、何か行き場のない気持ちを感じてしまうことがある。
ハットリくんは今日も外を眺め、瞳には窓に流れる景色が映っている。
夕日を映す青い瞳は寂しげで、美しく、そして何より愛しい。
わたしには、そんな愛しさを写真にすることしかできないが、
無垢な感情を子供たちは爆発させて、ハットリくんを抱きしめる真っ直ぐな姿に、わたしの行く宛のない感情はほんの少しだけ和らいだ。
わたしたちは、言葉を交わすことはできない。しかし、だからこそできる心の空白の様な部分に、
わたしの感情を往来させ、時には血を分けたはずの子供よりも鮮明に、ハットリくんの姿に自分自身を感じることがある。
思いがけない展開の人生は儚く、短い。
あっという間に流れては消えてしまう、喜びや寂しさ、溢れる感情。わたしは瞳に映り流されしまう愛しさを、写し続けたい。

― 森康志

キーワード: 東京

$28.33

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
140 × 220 mm
頁数
128頁
製本
ソフトカバー
発行年
2023
言語
英語、日本語

よく一緒に購入されている商品

Signed

橋本勝彦

$26.92

最近見た商品

森康志による出版物