かんながら

かんながら

須田一政

出版社:Place M

そこに在るというだけの遥かなもの。
あるがままというなだらかな視点。

以前のような撮影が不可能になったからといって、写真を止める言い訳にはならない。
これからは車の助手席が私の立ち位置と定め、過ぎ行く風景にカメラを向ける―それが私のスタイルだと考えれば問題ない。
2016年2月1日、私はカメラを手に妻の運転する車に乗った。
前年の3月末に病におそわれて以来の撮影再開である。

外房の自然風景の中を日々走るうち、山や木、生えている草、道に転がる石、すべてのものに気が満ち満ちているように感じられてきた。
―この気は神の気だな。自然もそこに暮らす人たちにも、すべてに神の気配があるな―
「かんながら」とは神の御心のままであることを言うらしい。随神・惟神と書く。
「かんながら」という言葉と、「気」としか表現できない何かしらの感覚が私の中で不思議に共鳴した。

― 須田一政

C$69.10

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
204 × 300 mm
製本
ハードカバー
発行年
2017
言語
英語、日本語
ISBN
978-4-905360-17-9

須田一政による出版物

Eden

須田一政

C$69.10

78

須田一政

C$95.31

Signed Rei

須田一政

C$119.14

SignedDiscounted SUDDENLY

須田一政

在庫無し

Sein

須田一政

在庫無し