ゼィコードゥミーユカリ(新装版)

Signed

ゼィコードゥミーユカリ(新装版)

殿村任香

出版社:禅フォトギャラリー

衝撃的なデビューを飾った『母恋 ハハ・ラブ』に続き、2013年に二作目の写真集として殿村任香が禅フォトギャラリーより刊行した『ゼィコードゥミーユカリ』。殿村がホステスとして過ごした新宿歌舞伎町を撮影した本作は大きな話題を呼び、絶版となって久しいが、この度オリジナル版未収録の作品と新たに書き下ろしたテキストを収録し、10年ぶりに新装版として刊行する。

 

「ユカリ、俺らは心を切り売りすることが仕事だっぺ」
と、栃木出身の店長はニカっと笑っていつも私に言いました。

 

新宿歌舞伎町。
私はこの街を燃やしつくしたいほど憎悪し、幾度となくこの街にへどを吐きました。
私が知るこの街は人の欲望の掃溜であり、連夜の宴は狂気に満ちていました。

歌がうまくて笑顔がかわいいあの子が死にました。

彼女の死も宴の中に消えていき、鈍くなっていく感覚に順応することがこの街での生きていく術でした。
人の欲望は恐ろしく、その欲望に触れると後戻りはできないことを私は知りました。
だから私はその欲望に触れる寸前でシャッターを切ったのです。

見てはいけない狭い闇。

見なくて済むのならば、見なくていいものがあります。
しかし、鈍くなった感覚を取り戻させたのもまたその闇でした。
闇に写る一筋の光を私は信じました。
人が生きることの希望をそこに見たのです。

 

私は歌舞伎町、六本木、銀座、赤坂と街を変え20年間ホステスとして働きました。
どの街にもその街の“質”がありましたが、歌舞伎町ほどシャッターを切った街はありません。

欲望と希望は紙一重です。
私はこの街で生きる人々に出会い、生きて行くことの希望を知ったのです。

 

新宿歌舞伎町

血、性器
見てはいけない狭い闇

私はユカリと呼ばれた

「俺らは心を切り売りすることが仕事だっぺ」

 

― 殿村任香

$35.22

税込

売り切れ

欲しい物リストに追加
判型
200 × 200 mm
頁数
140頁、掲載作品64点
製本
ハードカバー
発行年
2023
言語
英語、日本語
エディション
700
ISBN
978-4-910244-28-0

よく一緒に購入されている商品

点子

花代、沢渡朔

$40.85

最近見た商品

殿村任香による出版物

Signed Toxic

殿村任香

$37.14

Love Songs - Photographies de l’intime

荒木経惟、ラリー・クラーク、Nan GOLDIN、サリー・マン、JH エングストロム、榮榮&映里、殿村任香、林志鹏、コリエ・ショア、題府基之、Various Artists

在庫無し