Kazuo Shinohara: View from this Side (New Edition)

Kazuo Shinohara: View from this Side (New Edition)

篠原一男

出版社:Rollo Press

建築家の篠原一男(1925年-2006年)は、建築物を設計する傍ら、常にカメラを片手に様々な場所に足を運びました。本書は、彼が個人的に使用することを主目的とした、あまり見ることのできないカラースライドのセレクションです。街角の風景、街並みの印象、記念碑的な建物など、何気なく街を歩きながら撮影したスナップショットが中心で、細部や珍しい視点、時には単なる奇異なものを記録するために撮影されています。1972年から1985年にかけて篠原が行った5つの重要な海外旅行から選ばれたこれらの写真は、熟練した建築家の日記と言えるでしょう。Simona Ferrariによるエッセイ付き。

― ディストリビューター説明文より

篠原一男(しのはら・かずお)
1925年静岡県生まれ。47年東京物理学校(現・東京理科大学)卒業後、建築に転向し、東京工業大学工学部建築学科に入学。清家清に師事。53年卒業。その後、「日本建築の空間構成の研究」にて、67年工学博士号を取得。助手、助教授を経て、70年東京工業大学教授、後に名誉教授。住宅を中心に、公共建築の設計も手がける。2006年逝去。
TOTO通信より

キーワード: 建築

$27.46

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
180 × 130 mm
頁数
98頁
製本
ソフトカバー
発行年
2021
言語
英語
ISBN
978-3-906213-38-5

関連書籍

ARN Vol. 1

エリック・タブチ、Nelly MONNIER

$49.62

Ehime

ゲリー・ヨハンソン

$50.43