SHANTI: persona in india

SHANTI: persona in india

鬼海弘雄

出版社:筑摩書房

SHANTI シャンティ、平和・心の平穏を意味するサンスクリット語だ。浅草・浅草寺で45年間、ポートレイトを撮り続けた鬼海弘雄のもうひとつのライフワーク、「インド」。彼の地に通って35年。数カ月にわたって滞在するが、「名所旧跡を訪ねることもなく、ほとんど変哲もない町や村に逗留しては、同じ道を繰り返して歩くだけの旅」だったという。そこで出会った風景と人々とその日常を撮る。東京では、背景なしで人物を捉える浅草ポートレイト(PERSONA)と、人物が入らない風景(街のポートレイト)を撮る鬼海が、インドでは、それを区別しない。人も大地も、風も子どもも海も、撮る。すべては普遍の人間を映し出すポートレイトなのだ。この作品集に登場するのはインドの子どもたちだ。大文字になるまえの小さなpersonaたち。ただ、そこにはたしかなペルソナの存在感が、人間という宇宙がある。誰もがこれらの写真の中に、かつての自分の姿を見出すだろう。『PERSONA 最終章』と双璧をなす珠玉のポートレイト集、ぜひご覧いただきたい。

-出版社説明文より

$89.64

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
270 × 220 mm
頁数
208頁
製本
ハードカバー
発行年
2020
言語
英語、日本語

鬼海弘雄による出版物