新宿ダンボール村:迫川尚子写真集 1996-1998

新宿ダンボール村:迫川尚子写真集 1996-1998

迫川尚子

出版社:DU BOOKS

時代と人間の記録として第一級。
共感をベースにしたリアルな視線と、柔軟なカメラ・ワークに支えられた
都市(日本)のドキュメンタリーとして貴重な一冊。
― 森山大道

森山大道をして、「新宿のヴァージニア・ウルフ」といわしめた写真家、迫川尚子。
新宿に出現した段ボール村に毎日通いつめ、撮影した貴重な記録。
いま、見えなくされたホームレスたちの姿が、ここにある。

都庁を建て、使い捨てにされ、その近くでひっそり暮らしていた。
「動く歩道」ができて、排除された。
ふだんお互いに関わりを持たない、路上生活者が、その時ばかりは身を寄せあい、新宿駅西口改札前広場に段ボール村が出現した。
2年間にわたり彼らは自分たちの存在をアピールした。

― 出版社説明文より

$19.87

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
178 × 130 mm
頁数
232頁
製本
ソフトカバー
発行年
2013
言語
日本語
ISBN
978-4-925064-76-7