The Tattoo Writer

The Tattoo Writer

高木彬光パスカル・バゴット

出版社:Pascal Bagot

第二版

本書『The Tattoo Writer』は、日本の作家である高木彬光が1950年代の東京のタトゥー界を撮影した134枚のモノクロ写真集。作家の書斎で忘れられ、2017年に発見されるまで知られていなかった高木の写真は、20世紀の日本におけるタトゥーの歴史に対する最も重要な証人の一人として彼を確立した。この貴重な写真群は、フランスのジャーナリスト パスカル・バゴットによって今回初めて出版される。

2016年、彼女の父で有名な推理作家、高木彬光(1920-1995)が購入した東京の実家で娘の晶子に会ったとき、私はこれから起こる発見を想像することができなかった。

彼女との接点は、1948年に発表された父親の処女作『刺青殺人事件』のフランス語への翻訳を機に得たものだった。日本の伝統的な刺青に関する私の研究の文脈で、著者と刺青の関係についてもっと知りたいと思ったのだ。刺青はこの本のストーリーの中心であり、その描写の信憑性は、高木のこのテーマに対する知識を証明するものである。私たちの出会いは、父親(彬光)の書斎だった。本や小物に囲まれ、彬光の白黒の肖像画の下で晶子は、父の刺青への情熱を確認した。そして、アルバムの山を指差しながら、「写真もとても好きだったんですよ」と言った。驚いた私は、黄ばんだ写真集を手に取り、家族の写真や作家同士の集まり、さまざまな旅行の写真の間に、高木自身が撮影した刺青をした人や刺青師、当時の東京の刺青界の重要人物たちの写真を発見した。

私は唖然とした。15年間、このテーマに取り組んできて、このような写真に出会ったことはなかったからである。1955年から1965年にかけて撮影されたこれらの写真には、有名な刺青師とその顧客たちの印象的な刺青が写し出されているのだが、そのモチーフは、東京が江戸と呼ばれ、19世紀にその芸術が流行した時代から変わっていない。19世紀末に禁止された後、地下に潜ることになったため、曖昧になっていたのだ。

この禁止令は80年以上にも及んだため、この時期の刺青の地下実践を伝える記録や写真は稀である。高木彬光の写真は、社会学者、歴史家、伝統的な刺青を愛する人々にとって、ユニークな宝物であり、情報の宝庫であることを示している。これらの写真は、歴史的価値が高いだけでなく、非常に質の高いものであり、作家の背後にある写真家の姿を明らかにする、写真的な観点からも興味深いものである。

日本とフランスを隔てる距離があるにもかかわらず、高木夫人は私の研究を許可してくれた。3年間、私はリヨンと東京を往復し、時には一日中図書館にこもってアルバムを研究し、最終的にはごちゃごちゃしたイメージのコレクションを整理していった。作家が残したメモがないため、写真の位置や年代がわからず、頭を悩ませることもあった。複雑な作業ではあったが、この調査はとても興味深いものだった。壁紙のモチーフが場所を特定する手がかりになったり、タトゥーの進行が事件の年代を示唆したり。晶子や、刺青に詳しい島田邦弘にもインタビューした。リヨンに戻ってからも、私はこのプロジェクトに没頭し、取り憑かれたように夢中になっていた。暗室のような無機質な空間に閉じこもり、名前の背後にいる人物を理解しようとしたのだ。

― パスカル・バゴット(本書前書きより抜粋)

$69.75

税込

在庫無し

欲しい物リストに追加
判型
245 × 195 mm
頁数
200頁
製本
ハードカバー
発行年
2023
言語
英語、フランス語

よく一緒に購入されている商品

Kinky City

パヴェウ・ヤシュチュク

$7.23

赤穴

アントワーヌ・ダガタ

$56.83

Signed Toxic

殿村任香

$37.46

最近見た商品