Taipei Diary

ドイツ出身の写真家、ピーター・ビアロブルゼスキとThe Velvet Cellによる「Ciry Diary」シリーズ4冊目の舞台は台湾・台北。台湾は1980年代に独自の経済ブームを経験したが、中国の台頭以来、そのような成長を維持するのに苦労している。

「1949年、蒋介石率いる国民党は、台湾に避難するために本土から逃れた。彼らは台北を中華民国の暫定首都と宣言した。国民党は長い間、暫定的な首都を信じていた。その結果、インフラが未発達で、「国防」に過剰な支出を行い、実際には侵略のために貯金をしていた。フォルモサ島への亡命は、毛沢東とそのレディーを本土から追い出すための一歩に過ぎなかった。台湾に行かなくても、今日の"赤い中国"を見ていると、その考えがとても面白いことに気づくだろう。」― 本書からの抜粋

$37.00

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
21 × 14 mm
頁数
112頁
製本
ソフトカバー
発行年
2020
言語
英語
エディション
500

ピーター・ビアロブルゼスキによる出版物

Kochi Diary

ピーター・ビアロブルゼスキ

$40.70

Osaka Diary

ピーター・ビアロブルゼスキ

在庫無し

Wuhan Diary

ピーター・ビアロブルゼスキ

在庫無し