月光写真

1964年から71年にかけて写真家・荒木経惟が「月光荘」のスケッチブックに個人的な習作として撮り溜め、自らレイアウトしたスクラップブック全26冊が突如倉庫から発見された。1964年『さっちん』で第1回太陽賞を受賞した荒木が72年に電通を退社してフリーになるまでの期間、『センチメンタルな旅』以前。天才・アラーキーの生成を紐解く上で欠けていたピース、「青の時代」とも言える貴重な時間の記録が『月光写真』と名付けられついにそのベールを脱ぐ。これまでほとんど発表されることのなかった荒木の「原点」であり、そこにはその後の天才の写真人生を彩っていくモチーフの多くが出揃っている。まさに永久保存版の渾身の写真集。

― 出版社説明文より

判型
275 × 210 × 33 mm
頁数
510頁
製本
ソフトカバー
発行年
2019
言語
日本語

荒木経惟による出版物

片目

荒木経惟

在庫無し

荒木経惟

在庫無し

彼岸

荒木経惟

在庫無し

72歳

荒木経惟

$38.76

好色

荒木経惟

在庫無し

荒木経惟

在庫無し

去年

荒木経惟

在庫無し

無情

荒木経惟

在庫無し

結界

荒木経惟

売り切れ