青ノ時代 / 去年ノ夏:アラキネマ (Japan edition)

New ArrivalRecommended

青ノ時代 / 去年ノ夏:アラキネマ (Japan edition)

荒木経惟

出版社:Session Press

新品

日本人写真家、荒木経惟の作品集。本作は、作者の映像作品「アラキネマ」に焦点を当てた写真集として、NY を拠点とする出版社「SESSION PRESS」と「DASHWOOD BOOKS」から共同出版された。日本国外でこの映像作品『青ノ時代』『去年ノ夏』を出版物として発表するのは初めてとなる。
作者は「私写真」と称して自身の日常をありのままに撮影した写真作品を制作し、これまで500 冊以上の写真集を出版。特に、緊縛、今は亡き妻陽子、花などの静物写真、ヌードは代表的な作品として国内はもとより海外でも周知されているが、80 年代中期から約20 年間、実験的な映像作品「アラキネマ」を制作し、ライブ上映してきたことはあまり知られていない。本写真集では、ライブの臨場感や雰囲気をできるだけ忠実に再現するために、両作品が上映された際のオリジナルスライドに基づいて編集、制作。『青ノ時代』『去年ノ夏』はともに2005 年に発表された作品であり、前者は1980〜90 年代に雑誌『写真時代』に掲載された作品でまとめられている一方、後者は2005 年前後に撮り下ろされた作品が使用されている。
ヌードとポートレートを軸にしながら、街路の風景や花の写真なども併せて構成された両作品に共通しているのは、オリジナルの写真に手を加えることで力強い効果を生み出しているという点であり、『青ノ時代』では薬品で脱色することで引き出された色褪せたブルーが、まるで夢か消え去っていく記憶の中にでもいるかのような、メランコリックな儚さを作品にもたらしている。また『去年ノ夏』は明るく透明感のある色を写真の上に塗っていくことで、まるで万華鏡が映し出す幻想的な世界を表現している。作家自身も両作品が過去と未来を現す人生そのものであり対にして見られることをインタビュー(アートン:東京、2005 年)の中で語っており、本書にも掲載されている。

アラキネマ
スライド写真に音楽をつけて投影するライブパフォーマンスであり、第1 作の『東京物語』は、東京・渋谷にあったシネマライズで1986 年に上映された。その後、ライブパフォーマンスとしての「アラキネマ」はセセッション館(ウィーン)、原美術館 、スパイラルホール、読売カルチャーサロン青山、台北市立美術館、東京都現代美術館、パレ・ド・トーキョー(パリ)、バービカン・センター(ロンドン)など世界各国の美術館や関連施設で90 年代後半から2000 年代半ばにかけて企画、上演。1991 年からは「アラキネマ」のコンセプトを映像作品として残すために、映像制
作を手がけるクエスト社より2010 年までに30 本の作品を発表してきた。これらはライブパフォーマンスと同じ手法をとり、スライド写真をオーバラップさせながら投影し、フリーフォームの即興音楽が添えられ、ライブで味わう臨場感に溢れた構成で制作されている。

― ディストリビューター説明文より

荒木経惟による出版物

New ArrivalRecommended 愛の劇場

荒木経惟

$62.57

荒木経惟

在庫無し

72歳

荒木経惟

$37.15

荒木経惟

$38.13

好色

荒木経惟

在庫無し

切真

荒木経惟

在庫無し

無情

荒木経惟

在庫無し

結界

荒木経惟

売り切れ